【本ページにはPRが含まれています。】

【AVET】リールのカスタム・ゴメクサスのハンドルノブに交換する方法

gomexus handle knob リール

お世話になっております、アベットしか愛せないおりこみです。

AVETユーザーの皆様は本日も自らの相棒、アベットをその手に釣りをしているのでしょうか?

もしくはたまにはメンテナンスを、と愛機をいたわっているのでしょうか?

以前に当ブログの読者様から、『AVETのハンドルノブをゴメクサスに換装しているけどどうなの?(概略)』というコメントをいただき、「AVETユーザーの方に読んでもらえてるんだな~」なんて嬉しく感じながら「良いモノですよ~(概略)」とお答えさせていただきました。

おりこみ
おりこみ

私以外にも『アベットのハンドルノブを交換したい』そんな方もいるんだな~

交換するのって結構めんどくさかったような…

なんて事を考え、補足も兼ね記事にすることとしました。

今回は【AVETアベット】リールのカスタム

SXJ、MXJのハンドルノブをゴメクサスに換装

その理由

必要な部材

交換する方法手順

換装後の使い心地メリット

これらについてお伝えします。

AVET アベット リールのハンドルノブ、T型?おいなりさん?なんとも言えないこのノブ…交換したいと思っている方、ゴメクサスのハンドルノブってどうなの?とお考えの方はご参考に!

※ただし、専用品を使用する訳ではありませんし、メーカーの想定した取り付け方でもないので、あくまでも読物としてご参考に、実施する場合は自己責任にてお願いします。

【アベット】リールのハンドルノブをゴメクサスに交換した理由

まずはじめに、なぜ私がAVETのハンドルノブを交換しようと思ったのか?その理由について少しお話しさせていただきます。

私はいわゆる『リールのカスタム』『ドレスアップ』には特に興味がなく、ベアリングの交換ぐらいしか行った事がありませんでした。

AVETの樹脂製ハンドルはグリップが効き、力をこめやすいモノですし、ハンドルノブの回転が悪い点に関してはベアリングの交換やワッシャーの追加で解消できます。

こみおり
こみおり

見た目的なこだわりがないなら交換する必要ってあるの?

それが…あるのです。これはアベットのハンドルノブ特有の形状、そしてグリップ力の高い樹脂製の素材、が要因となっていると考えられます。

ちょっと想像してみてほしいのですが…

ハンドルノブから手を離した状態、からリーリングを始めようとノブに手をかける際、ノブの突起部が中指と手の平に突き刺さるような方向からハンドルを握ってしまうと、何が起こるかお解りいただけるでしょうか?

私は実際に釣りをしている最中に、何ら意識せずこの方向から、力を込め思い切りハンドルノブを握りしめ…

ゴリュッ!」という自身の体内から響く、鈍い音を感じながらノブが回転し、

おりこみ
おりこみ

ぁぎゃ~!いてぇ~!

指もげた?

指の当たる位置が悪かったのか?寒の時期だったせいなのか?磯の上でひとり悶える、というとてつもなくむなしく苦い経験をしてしまいました。

この一件が私にAVETのハンドルノブの交換を決意させたのです。

アベットのハンドルノブをゴメクサスに交換、必要な部材

こみおり
こみおり

必要な部材??

ゴメクサスのハンドルノブでしょ?

それは間違いありませんが、実はそれ以外にも必要なモノがあります。

今回ご紹介する、換装するゴメクサスのハンドルノブは日本メーカーに対応しているモノであり、アベット専用の品ではありません

ゆえにこれを換装する為にはスペーサーの様なモノを用意しなければならず、一筋縄とはいかないのです。

私の場合は樹脂製の円筒形パイプ、などを探していたのですが良いものが見つからず…

またアルミのパイプで良さそうなモノがあったので加工して使用しようかと思っていたのですが、キッチリ寸法を出し加工する事が難しく、ベアリングを重ねスペーサーとする方法をとっています。

よって必要な部材は、

  • SXJ→ゴメクサス、Aknob(シマノ、タイプA、41mm)
  • MXJ→ゴメクサス、Bknob(シマノ、タイプB、45mm)
  • ベアリング
  • ワッシャー

以上となります。ワッシャーは円滑に回転しなかった場合に必要となります。

ゴメクサスのハンドルノブへの交換の方法・手順 MXJの場合

まずはMXJの手順から記します。

AVET、ハンドルノブの外し方

アベットはアメリカのリールメーカーであり、日本メーカーのリールとは異なる点が多数あります。

またハンドルノブを外す際にもインチサイズの工具も必要になりますし、外し方や必要な工具についても詳しくご説明させていただきます。

remove the handle cover

まずハンドルノブのカバーを取り外す必要があり、2本のボルトを外さなければなりません。

使用する工具は、+ドライバーの0サイズ

精密ドライバーのやや大きめのサイズでも代用は可能です。

remove the nut

次いでこの奥まった位置にあるナットを取り外さなければなりません。その為には細身のディープソケットが必要、そしてアメリカのリールメーカーである為ナットがインチサイズです。

ご注意ください!

必要な工具はインチサイズ1/4のディープソケット

tool to remove the nut

この上の画像のような工具が必要となります。

ゴメクサスのハンドルノブの取り付け MXJ

gomexus

分解時の画像、そして上の画像からもおわかりいただけるとは思いますが、アベットのハンドルノブ部の構造は日本メーカーのものとは根本的に違います。

ハンドルノブの主軸自体に真円ではないワッシャーを組み込む部位やネジ山が切られており、よく見るボルトで固定するタイプではありません。

これにゴメクサスのハンドルノブ(Bknobシマノ、タイプB、45mm)を取り付ける訳ですが…付属のブッシングはシマノ製のリールを想定した物であり、使えません。ここでスペーサーの様なモノを準備する必要がでてきます。

色々と探してみたのですが良いサイズのモノが見つからず、自分で製作する事も難しいのでベアリングを複数個、重ね合わせ代用する事としています。

正直、こういう使い方が正しいかどうかはわかりませんが…

MXJ configuration

画像の左から、

  1. 内径5mm、外径7mm、t0.2mmのワッシャー(シム)
  2. 内径4.8mm、外径8.9mm、t2.8mmのベアリング(ゴメクサス付属の物)
  3. 内径4.7mm、外径8.9mmのベアリング(アベット付属の物)
  4. ゴメクサスのノブ本体
  5. 内径4.8mm、外径8.9mm、t2.8mmのベアリング(ゴメクサス付属の物)
  6. 内径4.9mm、外径8.9mm、t2.3mmのベアリング×2
  7. ワッシャー(アベット付属の物)
  8. スプリングワッシャー(アベット付属の物)
  9. ナット(アベット付属の物)

1.のワッシャーに関しては、個体差もあるかもしれないので必要に応じて適宜、使用してください。

after installation

こちらは取り付け後の画像なのですが、このナットの締め付け時には上記の取り外しの項でご紹介したディープソケットが使用できません

ゴメクサスのハンドルノブのケーシングが小さすぎるor工具の外径が大きすぎるのです。ゆえに、

先細のラジオペンチが必要

tool to installation

本当はこのケーシングに適した極細のディープソケット、もしくはボックスドライバーなどがあれば良いのですが…

後はハンドルノブのキャップを取り付ければ完成です。

▼使用している工具類などに関しては▼

ゴメクサスのハンドルノブへの交換の方法・手順 SXJの場合

ハンドルノブの外し方、必要な工具に関してはMXJの場合と同じなので、上記の項をご参考に。

ゴメクサスのハンドルノブの取り付け SXJ

ゴメクサスのハンドルノブ(Aknobシマノ、タイプB、41mm)に換装するための部品の構成は、

SXJ configuration

画像左から、

  1. 内径5mm、外径7mm、t0.1mmのワッシャー(シム)×2
  2. 内径4.8mm、外径8.9mm、t2.8mmのベアリング
  3. ゴメクサスのノブ本体
  4. 内径4.8mm、外径8.9mm、t2.8mmのベアリング
  5. 内径4.9mm、外径8.9mm、t2.3mmのベアリング×2
  6. ワッシャー(アベット付属の物)
  7. スプリングワッシャー(アベット付属の物)
  8. ナット(アベット付属の物)

こちらのノブに付属しているベアリングは内径のサイズが異なる為、使用はできません。

また使用しているワッシャーがt0.1mm×2である理由もご説明しておきます。これは私の場合、もしくは私の持っている個体の場合、かもしれませんが、t0.2mm×1ではうまく回転しませんでした。

0.1mmワッシャーが実際は0.1mmよりも薄い、もしくは0.2mmワッシャーが実際は0.2mmよりも厚いという可能性もあります。

こういうケースもあるので実際に組んでみて、ワッシャーは適宜追加するのが良いと思います。私が使用しているサイズ、員数は参考程度のモノ、とお考えください。

アベット、ゴメクサスへの換装後の使い心地、メリット

まず使い心地、私の個人的な感想ではありますがアベット付属のハンドルノブよりも使いやすく、満足しています。

またラウンドノブなので私が換装する理由となった、手の平や指に突き刺さる事もありませんし、力もこめやすく、回転性能も良。

そしてメリットとしてお伝えしたいのが、数々のメーカーがハンドルノブを販売している中で、なぜゴメクサスなのか?アベット専用品ではない物をわざわざスペーサーなどまで用意して使用しているのか?

それはひとえに「安いから」です。

ハンドルノブ、といっても大型リール用の品は高価なモノであれば1万円を超える事なんてザラですし、リール本体、その他の道具など費用を割きたい物はいくらでもあります。

物自体の品質、その性能に特段の不備はないのに「安い」、これは何にも勝るアドバンテージと言えるでしょう。

▼SXJに使用▼

ゴメクサス Aknob 35mm

¥2,490 (2024/02/22 10:11時点 | Amazon調べ)

▼MXJに使用▼

ゴメクサス Bknob 45mm

¥2,490 (2024/02/24 18:30時点 | Amazon調べ)

付属のワッシャー以外のサイズが必要な場合などは、

▼こちらのシムセットなどがおすすめ▼

タミヤ(TAMIYA)
¥320 (2024/02/24 18:30時点 | Amazon調べ)

アベットのハンドルノブをゴメクサスに換装、さいごに

今回はアベットのハンドルノブをゴメクサスに交換する方法、その手順と必要な材料についてをお伝えしました。

アベットのハンドルノブの交換に迷っていた方、もしくはゴメクサスのハンドルノブについての情報をお求めの方は参考にしてみてください。

私が換装を行ったのは随分前の話であり記憶は曖昧ですし、当時の部材の購入履歴とゴメクサスのHPを確認してみると、型式やラインナップが異なっていたりもします。ご紹介しているモノは同等の品ですのであしからず。

あなたのアベットライフが、より快適になれば幸いです。

ロックショア タックル

ロックショア・沖磯釣行で使用する、未曾有の大物に挑むための【タックル】について詳しくお伝えしています。
タックル選びに迷われている方、は参考にしてみてください。

釣具の断捨離

釣具・タックル類を整理、整頓し、より快適でよりよい釣りライフを送るために、断捨離をしませんか?
おすすめの方法についてもお伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました