リーダー

ライン・フック

ロックショアでのラインシステム、PE〇号には何号のリーダー?組み合わせ・バランスについて

ロックショアでのラインシステム、PEとリーダーの組み合わせ・バランス、ここについてお伝えします。この釣りに挑むにあたって非常に重要な事項であり、お考えでしょうか?PE4号であればリーダーは何号?PE5号であれば…6号は…この点についてを詳しくお伝えします。
ライン・フック

ロックショアプラッキングにおすすめのリーダー、沖磯トップゲームならコレ!

ロックショアプラッキング・トップゲームに使用するおすすめのリーダーをご紹介。魚との距離が近く大きな負荷が掛かり、沖磯という環境では根ズレのリスクが高いリーダー…確実に大物とのやりとりを制する為に、どれが良いのか?とお悩みのあなたにお伝えします。
ライン・フック

ロックショアでのノット・PEラインとリーダーの結束に【おすすめのノット】はありません

PEラインを使用するのであればリーダーを結束、つまりノットを組む必要がある訳ですが『どのノットが良いのだろう?』と考えた事はないでしょうか?私の答えはタイトルの通り「ありません」…これはノットを組むが必要がないという意味ではありません。その意味をお話しします。
ライン・フック

対大型青物…100lb超のリーダーにはノットよりスリーブ止め・ダルマクリップがおすすめ

「スリーブ止め・ダルマクリップ」について詳しくご紹介。ルアーとリーダーの接続方法、かしめ方や必要な物、工具・ハンドプレッサーについて。鋭く切り立った岩肌、群生するフジツボやカメノテ、相対すは大型ヒラマサ…100lb超のラインも使うロックショアでの釣りにおすすめ。