【本ページにはPRが含まれています。】

沖磯でルアーのフックを手早く簡単に交換できる、オーシャンスナップの便利な使い方

hook at ocean snap ライン・フック

お世話になっております、沖磯釣り師のおりこみです。

こみおり
こみおり

磯の上でのフック交換ってメンドクサイ…

交換中にナブラ立ったりしたらどうしよう…

沖磯に潜む大物とのやりとりにより曲がってしまったフック、磯に当たりフックポイント・針先が鈍ってしまったケース、または風や潮の状況に合わせて…などなど、フックを交換したい場面はままある事です。

しかしながら、沖磯の不安定な足場、吹き荒ぶ強風、磯に弾ける潮…

こんな状況ではフックの交換といえど、ひと手間かかる作業となってしまいます。

「こみおり氏」と同じように考えてしまう方、いらっしゃるのではないでしょうか?

なのでこの記事では、

ルアーのフック交換を手早く、簡単にする方法

フックにおいてのオーシャンスナップの使い方

オーシャンスナップを使用するメリットデメリット

これらについて、約10年、リリース直後から使い続けている一方的なファンであり、ユーザーでもあるオーシャンスナップ愛好家「おりこみ」がお伝えします。

沖磯でもフック交換を手早く、簡単に行う事が可能となり、釣りに集中でき、一瞬のチャンス・時合を逃す事もなくなるでしょう。

ルアーのフックを手早く簡単に交換できるオーシャンスナップとは?

そもそもオーシャンスナップ、をご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。

以前に当ブログにてご紹介しているのですが、スプリットリングプライヤーなしでもルアーの接続が可能、しかも手早く交換できる、スタジオオーシャンマークというメーカーが販売しているスプリットリングの1種です。

またロックショアで使用するルアーケース、の記事にてお話ししたことがあるのですが、私は沖磯にて使用するルアーをルアーケースに収める際、ベリーアイのフックを取り外し収納しています。

そうする事で収納しやすくなり非常に便利!

…なのですが、磯に渡礁した後にベリーアイのフックを取りつける必要があります。

オーシャンスナップは本来はルアー接続用のモノですが「手早く簡単にルアーを交換できるのであれば、フックにも流用すれば良いではないか!」と、使用している訳です。

ルアーのフックにおいてのオーシャンスナップの使い方

上述したとおり、スプリットリングの1種なのでご説明せずともおわかりかもしれませんが…

ルアーにフックを接続する際に、普通のスプリットリング(円形や楕円形)を使用するのではなく、オーシャンスナップを使用!

以上です。

how to use ocean snap

オーシャンスナップでルアーのフックを接続するメリット、デメリット

「オーシャンスナップを使用すれば沖磯でもルアーのフックを手早く、簡単に交換できる」という事でこの記事を書いている訳です。

ですが他にもメリットやデメリットはないのか、を改めて考えてみました。

オーシャンスナップでルアーのフックを接続するメリット

  • 簡単にフックを装着⇒スプリットリングプライヤーが不要で楽
  • 手早くフックを装着⇒1瞬のチャンス・時合を逃さない
  • フックのストロークが長くなる⇒魚を掛けやすい

スプリットリングプライヤーなしで簡単にフックを装着できる、手早くフックを装着できる、という点に関しては、公式・STUDIO OceanMarkの取り付け方の説明の画像|クイックネスの項を見れば、簡単にご理解いただけるかと思います。

フックのストロークが長くなり可動域が大きくなるので魚を掛けやすい、というのは普通のスプリットリングと比較して、という点。

上画像にてオーシャンスナップの形状、を確認してもらえればご理解いただけるのではないでしょうか。

いちおう注意点として、太軸のフックを使用するケースやオーシャンスナップのOS5やOS6、もしくはそれ以上のサイズを使用する場合、スプリットリングプライヤーを使用するのがおススメです。

フックを外す際、大型のモノを爪でこじ開けるのはちょっと厳しいかな、と思います。

オーシャンスナップでルアーのフックを接続するデメリット

  • 普通のスプリットリングよりも価格が高い
  • フックのストロークが長くなるためラインに絡む

若干ではありますが、オーシャンスナップは普通のスプリットリングよりも値段が割高。

私の場合は享受できるメリット、が大きいと考えているのであまり気にした事はありませんでしたし、採用しています。

フックのストロークが長くなるためラインに絡む、これはアクションが激しめのダイビングペンシルなどを使用するケースでは気になる点かもしれません。

魚の掛けやすさを重視するか、ルアーがエビるのが気になるか、で判断すれば良いでしょう。

もしくはナチュラルなアクションをするルアーではほとんどこのトラブルは起きないので、ルアーによってオーシャンスナップと普通のスプリットリングとを使い分ける、のも良いと思います。

スタジオオーシャンマーク
¥530 (2024/06/08 20:14時点 | Amazon調べ)
スタジオオーシャンマーク
¥605 (2024/06/12 21:18時点 | Amazon調べ)

ルアーのフックを手早く簡単に交換できるオーシャンスナップ、さいごに

今回はオーシャンスナップをルアーのフックの接続に使用する方法、についてをお話しさせていただきました。

もしオーシャンスナップをルアーの接続に使用しているのであれば、試してみてはいかがでしょう。

意外と使いやすいですよ。

沖磯でも手早く、簡単にフックを交換しロックショアを満喫できるよう願っております。

ロックショア タックル

ロックショア・沖磯釣行で使用する、未曾有の大物に挑むための【タックル】について詳しくお伝えしています。
タックル選びに迷われている方、は参考にしてみてください。

釣具の断捨離

釣具・タックル類を整理、整頓し、より快適でよりよい釣りライフを送るために、断捨離をしませんか?
おすすめの方法についてもお伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました